ICチップ内蔵カード

クレジットカードとカードローンの
比較情報
各種用語と基本知識

クレジットカードとキャッシング用語等

ICチップ内蔵のクレジットカードについて

近年のクレジットカードには、ICチップが内蔵されたカードが多くあります。

まず、ICチップですが、そもそもICチップとは何なのでしょう。ICチップとは、電波を使いチップ内部のコードを認識します。
ICチップとリーダーは非接触でやりとりをします。

特徴は 、偽装が難しいのが特徴で、偽造防止や本人認証に役立っています。

主流になりつつあるICチップ内蔵カード

まさに新世代のカードとして主流になりつつあり、ICチップ内蔵クレジットカードは、本人確認に暗証番号を利用します。海外や国内の一部(拡大中)ではICチップ内蔵クレジットカード対応端末設置加盟店があり、サインのかわりに暗証番号入力だけでスムーズで安全にご利用いただけます。
反面、特に海外では、暗証番号を忘れると、クレジットカードを利用できないので、注意も必要です。


2008年現在、VISA提携カードやJCB提携カードではほとんどICチップ内蔵カードになりつつあります。以前に作ったICチップなしのクレジットカードの場合も切り替え順に順次ICチップ内蔵カードが送られてきています。

ICチップにもタイプがあります

クレジットカードのセキュリティ部分では、ICチップは非接触型ですが、ICチップにも種類があり、非接触型ICチップと接触型ICチップがあります。

というのも、クレジットカードに内蔵されるICチップには、セキュリティに関する部分だけでなく、電子マネーの機能も内蔵されたカードもあります。
接触型、非接触型というのは、クレジットカードに内蔵される電子マネー機能に関する部分。両方のICチップを内蔵したカードをハイブリッドカードという場合もあります。
(ハイブリッドカードにはソニーのクアドラパスカードなどがあります。)

ICチップ内蔵カードと磁気カード

ICチップ内蔵カードと従来の磁気カードを比較すると、セキュリティの部分で若干の差があります。
しかし、同時に内蔵される電子マネー等の機能を抜かせば、機能的に決定的な違いがあるわけでもなく、従来の磁気カードを利用しているカード発行会社もあります。

今まで磁気カードで使ってきているのなら、焦って磁気カードからICチップ内蔵カードに換えなければという必要はありません。
磁気カードを利用していて、いざといった際には、ほとんどのクレジットカードにはカード紛失・盗難保険がついていますので、まずは保証を確認してみるといいでしょう。


クレジットカードよりも早く、ICチップをカードに内蔵していたものもあります。人気電子マネーEdyやフェリカ。これらがICチップ内蔵カードの元祖です。また2006年頃からは、携帯電話にもICチップ内蔵のEdy機能が付いて、おさいふケータイなどと呼ばれています。

この点から考えても、クレジットカードのセキュリティは、従来の磁気カードでも、十分守られていると言えそうです。

ICカードには、VISA touch(ビザタッチ)と呼ばれるものやsmart_plus(スマートプラス)と呼ばれる機能が付いたクレジットカードもあります。詳細はリンク先で解説しています。

金利や審査、ポイントサービス解説

クレジットカード比較とキャッシングの徹底比較 Copyright(c) 2007 regre Co.,Ltd. All Rights Reserved. 当サイト記事の転載を禁じます。

<クレジットカード比較> <キャッシング・カードローン比較> <条件で比較> <知っておきたい事> <ニュース情報>
< クレジットカード関連ニュース> <デザインの選べるクレジットカード> <話題のETCカード特集>

審査、金利、手数料、ポイントサービス、キャッシュバック等をチェック。お得なクレジットカード、キャッシングサービス
比較ガイド・カードは年会費無料が人気です。キャッシング・カードローンは金利、利息に加えて審査や安心感も重要でしょう。