カード破産について

クレジットカードとカードローンの
比較情報
各種用語と基本知識

クレジットカードとキャッシング用語等

カード破産とは、カード破産について

カード破産とは、カード利用者が限度を超えた使い方などで、カード利用者が持つ全財産を割り当てても、カード発行会社に返済することができなくなった時に破産になります。
カード利用者は最低限の生活用品などを除いた全ての財産を換金し、全てのカード発行会社など借り主にその債権額に応じて公平に返済することをいいます。

返済するにあたっての、裁判上の手続きをカード破産手続きなどと呼びます。

カード破産についての詳細情報

カード破産時に残される、最低限の生活用品
カード破産の申請時には、最低限の家財道具が残して貰えます。これを差し押さえ禁止財産と呼びます。差し押さえ禁止財産には、冷蔵庫、冷暖房、洗濯機、電子レンジ、タンス、テレビ、掃除機など、おおよそ現代人の生活に必要とされるものは残して貰えます。
破産手続きの費用
カード破産を申告するにしても、破産の申告をするための費用が掛かります。最低20万円から30万円が必要といわれています。また、クレジットカードでの破産の場合は、自分の無計画が原因での破産の場合も多く、自己破産が認められない場合もあります。
カード破産による影響
カード破産をすると、金融機関の、いわゆるブラックリスト(破産者リスト)に載ってしまいます。これにより、8年程度はクレジットカードやローンを利用することが出来なくなります。またブラックリストに載るだけでなく、市の破産者リストにも名前が載ります。そして身分証明書にも破産者であることが記載されます。その他、おつとめの会社についても、問題が生じる場合があります。破産をしたことを、会社に申告する義務はありませんが、金融業者から催促の電話がくる場合もあり、会社側にばれることもあります。こうなれば、信用はがた落ちで、通常の業務に差し支えが出るために、問題になることが多いようです。

頑張れば信用は回復

一度カード破産を経験してから、立派に収入を得て、ゴールドカードが作れるまでに信用を回復する方もいます。
しかしながら、破産をしないように使用することが大前提です。返済が滞るだけでブラックリストに載ったり、催促の電話が来たりしますので、「たった10万円」などと思わず、クレジットカードは計画的にご利用下さい。

金利や審査、ポイントサービス解説

クレジットカード比較とキャッシングの徹底比較 Copyright(c) 2007 regre Co.,Ltd. All Rights Reserved. 当サイト記事の転載を禁じます。

<クレジットカード比較> <キャッシング・カードローン比較> <条件で比較> <知っておきたい事> <ニュース情報>
< クレジットカード関連ニュース> <デザインの選べるクレジットカード> <話題のETCカード特集>

審査、金利、手数料、ポイントサービス、キャッシュバック等をチェック。お得なクレジットカード、キャッシングサービス
比較ガイド・カードは年会費無料が人気です。キャッシング・カードローンは金利、利息に加えて審査や安心感も重要でしょう。