Suica内蔵クレジットカード

クレジットカード比較・運営会社

関連クレジットカード・デザインリスト
お気に入りの一枚は
カードフェイスも

マイルをお得にJALカード

JR東日本のSuicaについて

「Suica(スイカ)」はJR東日本のICカードで、鉄道、バス、提携加盟店での買い物に利用できます。通常はこのSuicaにお金をチャージして、電子マネーとして利用します。

Suicaの特徴として、パスケースやお財布に入れたまま、ピッとSuica読み取り部にタッチしても精算が完了する点が上げられます。
だから、Suica内蔵クレジットカードをわざわざ取り出さなくても大丈夫です。

Suicaが使える場所

Suicaマークがある場所を始め、各JR、PASMOマーク、はやかけんマークのある場所で利用できます。

  • PASMOエリア(首都圏地下鉄やバスなど)
  • nimocaエリア(西鉄)
  • はやかけんエリア(福岡市交通局)
  • Kitacaエリア(JR北海道)
  • 仙台・新潟エリア
  • Toicaエリア(JR東海)
  • Icocaエリア(JR西日本)
  • Sugocaエリア(JR九州)

鉄道では首都圏がメインの場合、かなり多くの場所で利用可能です。

Suicaオートチャージ機能

自動改札機にタッチして入場するだけで、Suicaへの入金(チャージ)ができる便利なサービス。
わざわざチャージする必要がありません。
このオートチャージが利用できることで、非常に便利なのは、「急な残高不足の心配がなくなる」こと。改札出口でいきなりピンポンと扉が閉じるのは非常に困る場面。後ろの方にも迷惑をかけてしまいます。
オートチャージ機能付きのクレジットカードを持っていれば、そんな場面は皆無。残高が無くなればクレジットカードから自動でチャージしてくれます。

クレジットカードにもよりますが、オートチャージされる金額は概ね1000円単位で設定が可能です。

注意点として、オートチャージは自動改札機での出場時に機能します。買物利用時にはオートチャージサービスは機能しません。

Suica機能内蔵カードについて

    

その他

  • ICカードの技術的にはソニーが開発した非接触型ICカード技術である「FeliCa」を採用。(だからみんな「ca」で終わっている?)
  • 名前の由来は、「スイスイ行けるICカード」から。
  • 東京臨海高速鉄道(水色)のSuicaを発行。
  • 東京モノレール(橙)のSuicaを発行。
  • Suicaの発行にはデポジットが必要だが、一部デポジットが無料になるクレジットカードもある。
  • 首都圏ではSuicaロッカー(キーレス)の設置が進んでいる。

クレジットカード発行会社

JCBカード

東京ディズニーリゾートのオフィシャルカードで、サインレス決済。
JCBプラザは世界主要都市に広がるサービスラウンジです。

三井住友VISAカード

国際ブランドであるVISA色を強く押し出す三井住友カード。ほぼすべてがICチップ内蔵&電子マネー機能内蔵カード。

アメリカンエキスプレス

アメリカでのブランド力は絶大!カードデザインも人気なアメリカンエキスプレスカード。

セゾンカード

ショッピングポイント永久不滅ポイントがセゾンの特徴。使い方によっては強い味方になります。

セディナカード

CFセントラルファイナンス、OMC、クオークが一つに。セディナカード。

ダイナースクラブ

とにかくすばらしいステイタス性とブランドイメージ。現在はシティカードの一部で、世界中で最高の知名度を誇ります。

イオンカード

日々の生活で役立つ機能満載のイオンカード。スイカ内蔵カードが人気です。

ニコスカード

とにかく特典や機能が多いのがニコスカード。目的別に豊富なバリエーションです。

ジャックスカード

お得な年会費で内容充実なジャックスカードは、カードデザインも優れたものが多いです。

クレジットカード比較とキャッシング・カードローンの徹底比較 http://credit.okasanta.com/ 当サイト記事の転載を禁じます。

<クレジットカード比較> <キャッシング・カードローン比較> <条件で比較> <知っておきたい事> <最新情報>
<サイトマップ> <クレジットカード関連ニュース> <デザインの選べるクレジットカード>

一番お得なクレジットカードの紹介と比較サイト。お得なクレジットカード比較情報とキャッシング・カードローン比較ガイドです。

クレジット・キャッシング・カードローン比較