三井住友VISAカード・クラシックカード

クレジット・キャッシング比較 > クレジットカード比較 > VISA関連カード > 三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカード クラシック
年会費は無料〜1250円+税

クレジットカード

クラシカルデザインが魅力満点、三井住友VISAカード
三井住友VISAのスタンダード
使いやすさも知名度もこの一枚

三井住友VISAカード


年会費 : 税抜1250円 +税
条件付き年会費無料

クラシックカードの特徴

  • 三井住友VISAのスタンダードカード。
  • インターネットからの申込みで初年度年会費が無料!家族カードも1名様無料。
  • 三井住友カードiDで、ドコモのお財布ケータイとの使える連動機能。
  • ネット申し込み、三井住友VISAカードのらくらく発行を利用すれば、最も簡単に申し込み完了。
  • 「マイペイすリボ」登録で年会費は無料に。

三井住友カード・クラシック比較詳細

世界標準、世界スタンダードな発行枚数を誇る国際ブランド、VISA。国際ブランドの中では決済機能に特化された決済ブランドになりますが、人気は上々です。
ここでご紹介するのはVISA色を打ち出す三井住友カード発行のVISA提携カード・「三井住友VISAクラシックカード」です。

1.三井住友のイメージとクラシカルデザインが魅力

このカードは、三井住友の最もスタンダードなクレジットカード。内容で比較すれば海外旅行での強さが最大の魅力です。VISAといえば三井住友カードというイメージも手伝って、人気もスタンダードカードNo.1といった感じです。海外での知名度も相応に期待できるとのこと。

そしてカードフェイス。クラシカルな印象を持ち三井住友カードらしさが前面に出ています。例えばホテルなどフォーマルな場所で利用しても恥ずかしくない、気品あるデザインが魅力の一つとなっているクレジットカード。
ちょっとしたところで、何にもコダワリ無いような感じで小売店提携カードを利用すると、使えれば何でもいいって感じがしますが、これなら大丈夫。「使えればいい・乗れればいい・食べられればいい」。無頓着で何でもいい人間に見られたくない方にもピッタリです。

2.三井住友の基本機能

カード機能的には一般的な内容が基本で、そこにいくつかの独自機能が見受けられます。それらには三井住友カードiDといった機能、世界主要都市にトラベルデスクの利用や世界各地のVISAジャパンデスクが日本語対応してくれるサービスなどがあります。

3.スタンダードカードとしては大きめ限度額

利用限度額はスタンダード(一般)カードとしては大きく、表記される利用限度額は最大80万円。実際は個別に審査などを経て決定されるでしょうから、いきなりこの限度額を期待するのは現実的ではありません。
クレジットカード全般の傾向として、最初は小さめの限度額が接待される場合も、カードを利用しているうちに、だんだんと限度額も上がっていきます

4.三井住友ブランドのお得なスタンダードカード

このクラシックカードは三井住友カードのスタンダードな位置づけのカードとなっています。伝統的なカードデザインも魅力的でブランドを感じずにはいられないクレジットカードです。
一般カードといえどやはり知名度の高さは安心感に直結します。三井住友カード発行のVISAカードということで、海外でのブランド力も上々、安心面という面でも優れています。

5.カード付帯保険が充実する「クラシックA」

カードバリエーションとして、Aタイプがラインナップされます。こちら三井住友クラシックAカードは、国内旅行損害保険とフリーダイヤルのインフォーメーションサービスが追加。そして海外旅行保険が自動付帯タイプになります。
クラシックAカードの年会費は基本が1500円+税になります。

また、他のバリエーションタイプとしては、ETCカード機能が内蔵された三井住友VISA・ETC一体型クレジットカードも選べます。専用のべったいしきETCカードを所有するのと比較すれば、ETCを利用する頻度が少ない方には、こちらの方が断然便利です。普段はお財布で通常のクレジットカードとして利用し、高速道路を利用する時だけ車載器に挿入するカタチです。

6.フォーマルな場所でも気兼ねなく

例えばホテルなどで小売店の提携カードなどを利用するのは、あまりスマートとはいえません。その点、三井住友カードは伝統あるクレジットカード。デザインも上質。国内、海外問わず、フォーマルな場所でも気兼ねなく利用できます。

7.マイ・ペイすリボでフレックスリボ払いも可能

マイ・ペイすリボは、「ショッピング利用分の支払いがリボ払いとなり、最低お支払い金額(5000円か1万円)にプラス、余裕のある月は増額して支払い可能」というサービス。

カード利用後、最初の支払い日に支払いを完了すれば、1回払いと同様に利息(手数料)無料。毎月の支払金額に自由が生まれる機能です。
さらに、マイ・ペイすリボ登録により、カード年会費が無料になります。

三井住友カード、関連事項

  1. 三井住友VISAカードのらくらく発行について
  2. 三井住友VISAカードの人気一覧

三井住友VISAカード・クラシック比較

カードデザイン・年会費
区分 三井住友VISA・クレジットカード
初年度年会費 無料 (インターネット限定)
年会費 無料〜1250円+税
(マイペイすリボ登録で年会費無料)
家族カード 400円+税 (1名様無料)
提携ブランド VISA
カード付帯機能等
注目の特典

三井住友の豊富な優待特典

特典・機能

世界主要都市にトラベルデスク

世界各地にVISAジャパンデスク

あとからリボ機能

三井住友カード優待特典

電子マネー機能

電子マネー・三井住友カードiD対応

セキュリティ関連

写真入りICカード対応「ICカード」

不審カード利用チェック機能

付帯保険
旅行保険

海外旅行保険
(利用付帯 最大2000万円)

その他保険

ショッピング保険 (最大100万円)
(1事故当たり自己負担3000円)

カード紛失盗難補償

カード会社の宣伝用バナー


三井住友VISA・クレジットカード
カード基本スペック
利用限度額 10万円〜80万円
支払い方法 一括払い 2回払い
ボーナス一括払い
リボルビング払い 分割払い
利率
(ショッピング)
15,0% (リボ払い)
12,0% (3回払い)
利率
(キャッシング)
-
ポイントサービス ワールドプレゼント
その他
審査等

お申込は満18歳以上の方。

オンライン申込みで最短3営業日発行。

三井住友VISAカードのらくらく発行

ETCカード ETCカードが同時に申し込み可能。
三井住友ETCカード
(三井住友 ETC専用カード)
その他

支払日は毎月10日または26日。

クラシックカードAタイプは国内旅行損害保険がつきます。

マイペイすリボ申込みでフレックスリボ払いが可能。
年会費も無料になります。

カード会社ホームページ

三井住友VISAクラシックカード


申込みに当たってはカード会社ホームページにて条件の確認をおすすめします。

ポイントプログラム詳細

ポイントプログラム概要

ポイントプログラムは三井住友ワールドプレゼント、ポイントはカード利用1000円につき1ポイント貯まります。

マイ・ペイすリボ登録でポイントは2倍貯まります。

カード利用金額に応じてボーナスポイントが貯まります。

ポイントの利用について

世界の一流品や便利なライフグッズなどに交換可能です。

キャッシュバックも可能で、三井住友VISAカードの利用代金と相殺されます。
キャッシュバックは1ポイント3円で換算されます。

有効期限について

貯めたポイントの有効期限は最長2年間です。

ポイントの移行・交換について

ポイントは他社のポイントプログラムへ移行することも可能です。
(マイレージ、ドコモ、au、楽天、Edy等)

マイルはANA、アリタリア航空 シンガポール航空のマイルに対応。

マイルへの移行レートは概ね「1ポイント=3マイル」。移行手数料は無料。還元率は1,2%超になります。

三井住友VISAカード発行会社情報
発行元 三井住友カード株式会社
連絡先 東京都港区新橋5-2-10
大阪市中央区今橋4-5-15
クレジットカードとカードローン比較

クレジットカード比較とキャッシングの徹底比較 各種カードのさらりと比較から徹底比較まで http://credit.okasanta.com/ <サイトマップ>

クレジットカード比較とキャッシングの徹底比較 Copyright(c) 2007 regre Co.,Ltd. All Rights Reserved. 当サイト記事の転載を禁じます。

お得なクレジットカード紹介と比較サイト。審査、金利、手数料、ポイントなどから お得なクレジットカード、キャッシングサービスの比較と情報ガイド
各種詳細情報と効果的な利用法を掲載。カードデザインもクレジットカードの大きな魅力といえます。
クレジットカードとキャッシングサービス比較ガイドは 金利・利息・即日申込み・ポイントサービス・特典や年会費など、
種類別、発行会社別や限度額別などで賢く比較できます。無料各種クレジットカード、キャッシング、カードローンの比較情報