クレジットカード・アメックス「スカイトラベラーカード」

ステイタス性だけではない
充実のプレミアムな機能の数々
アメリカンエキスプレスカード。

クレジットカード
様々な航空会社マイルに移行可能
アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード

アメックスカード


年会費 : 10000円 +税

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラー

  • 対象航空会社の航空券のご購入で、ポイントが大きく貯まる。ポイントはいつでも様々なマイルに移行可能。
  • 対象航空会社の航空券ならボーナスポイント。100円で3ポイント。通常の3倍貯まる。(条件良くなりました)
  • 対象航空券ならポイント還元率1.5%以上!
  • 100円=1ポイント=1マイル。無駄なく貯まるポイントプログラム。有効期限もナシ。
  • 年会費10500円!アメックスだけど一般的なゴールドカードと変わらず。さらに継続ボーナスポイントが貰えます。

スカイトラベラーカード比較概要

アメリカンエキスプレス、通称アメックスは、ダイナースと比較されるステイタス性の高さが魅力。内容的にも優れ、ブランド性だけでなく特別なプレミアム特典・機能を備えています。
その中でスカイトラベラーカードは強力なマイルを貯める機能が付いたクレジットカードです。

1.複数の航空会社を利用される方に最適

基本的に100円=1ポイント=1マイル。どこでカード利用してもポイントが貯まります。航空機の利用の際にも、特定の航空会社だけでなく、利用したい航空会社を利用してポイントが貯まるので、料金がお得な便を活用出来ます。

また、アメックスのスカイトラベラーカードはJALマイレージバンク、ANAマイレージクラブ、DELTAスカイマイルのマイレージプログラムに参加しています。つまり、特定のマイルだけでなく、お好きなマイルに移行可能

※JAL、ANAへの移行は、参加登録費が必要です。カード利用金額が少ない場合には、その他マイル、DELTAスカイマイルへの移行がオススメです。

2.提携航空会社でポイント3倍

対象の航空会社で航空券を購入すると、ボーナスポイントが貯まります。レートは通常の3倍。100円で3ポイントです。

※2013年より、対象の航空会社全ての航空券がボーナスポイントの対象となりました。従来は、事前に登録した1つの航空会社(例えばJAL)の航空券のみが対象でした。

参考:アメックス提携航空会社20社について

3.条件あえば専用カードよりオトク

上記の3倍貯まるポイントシステムですが、調べてみれば通常は特約店でも2倍ということになっているらしい。JALカードだって100円換算で2マイルかと思います。
ということは、JALマイレージを貯めることが目的なら、JALカードよりオトクという事になります。

JALカードで年会費10500円のクラブAカードの場合、混雑時にエグゼクティブカウンターが利用できるという特典が付いていたり、カードフェイスがゴールドになったり、ポイント以外の魅力も備えているため単純比較でいいわけではありませんが、こと旅行系クレジットカードにおいて比較すれば、スカイトラベラーカードもJALカードも、頭一つ抜けているのは間違いありません

4.事前登録の航空会社は変更可能

100円で3ポイント貯まる特定航空会社の登録は、年間1回、変更可能です。特別なサービスなので、変更できないと思いきや、変更可能でした。コレなら登録時に必要以上に悩むこともありません。
アメックスはプレミアムなクレジットカードでありつつ、こういった使い勝手の良さも魅力。全体的にまるで日本のサービスのようにきめが細かい内容になっています。

5.使える付帯保険が魅力

ゴールドカードを手にしたは良いけど、使わない保険ばっかりでがっかりなんて思いませんか?それならこんな補償はいかがでしょうか?

スカイトラベラーカードには、「航空便遅延保障」というモノが付いています。これは、航空機の遅延によって発生した損害を補償してくれます。
2013年4月現在の簡単な内容は、乗継遅延費用、出航遅延・欠航・搭乗不能費用、受託手荷物遅延費用(最大20000円)、受託手荷物紛失費用(最大40000円)です。

また関連するサービスに、スーツケースを空港から自宅まで無料で配達してくれるサービスもあります。こちら年に何回利用しても無料。
これだけ使えるサービスならプレミアムカードを満喫できると思います。

6.アメリカならやはりアメックス

ダイナースと比べられる事が多いアメックスですが、比較した場合、アメリカでのステイタスや利用できる環境でいえばアメックスの方が断然高い、という現状です。 アメリカに行くことが多ければ断然アメックスで。
ダイナースより持ちやすいといわれる審査も特徴です。

7.欠点はある??

マイルを貯めるならトップレベルの1.5%還元率という魅力を持ち、付加機能も充分、それでいて年会費が10500円と、決して安くはないですが割安ともいえるスカイトラベラーカード。アメックスの新クレジットカードとして注目度充分。では目立った欠点はあるのか?欠点もなくはありません。

一つはカードフェイス。カードのデザインですが、一目でアメックスとわかるデザインではありません。このあたり、良しとされる方と、残念と感じられる方と分かれそうです。一応、トラベラーズ系カードとして、都会的な雰囲気を持っているので、クラシカルなデザインより新鮮ではあります。

もうひとつが、JAL、ANAへの移行は、参加登録費が必要という点。年間9000円/5250円なので結構な金額です。
スカイトラベラーカードはJALマイレージバンク、ANAマイレージクラブ、DELTAスカイマイルに対応しています。だから本当にオトクなのはDELTAスカイマイルへの移行。各マイルにはそれぞれ複数の加盟航空会社がありますが、DELTAスカイマイルは現在多くの航空会社が加盟しています。

8.JAL/ANAマイルへ移行の裏技

JAL/ANAマイルへの移行には年間費用が必要です。この金額を支払うと、毎年無料航空券を貰えるレベルの人でないと無駄が大きくなります。ハッキリ言えば、日本人にとってはそんなにお得感のないクレジットカードというわけです。
しかしこれ、 マイルを移行する時だけ申し込めば良いんです。アメックスのポイントは無期限ですから、うまく活用すればかなり無駄な出費を省けます。

※ご注意下さい。2014年1月いっぱいで、JALマイレージバンクへのポイント移行は終了となります。

知っていると便利!

JCB加盟店でアメックスが使える!

日本国内において、アメックス利用可能が明記されたお店は少ないですが、JCBとの業務提携で、JCB加盟店でアメックスカードが使えます! これなら心配いりませんね。

JCBとの業務提携で、JCB加盟店でアメックスカードが使えます!コンビニではファミリーマートで利用可能。またセブンイレブンでも利用可能!10000円以下はサインレス。

スカイトラベラーのバリエーション

アメックスカードアメックス・スカイトラベラーカード

アメックスカード

アメックス・スカイトラベラーカード・プレミア

アメックス・スカイトラベラーカードには「一般」と「プレミア」の2種類がラインナップされます。プレミアは鮮やかかつ品のある、見るからに美しいカードフェイス。このページでお伝えしているのは一般カードです。

アメックス・カードバリエーション

アメックスブランドの人気クレジットカードの一覧などを掲載しています。

  1. アメックス人気券種の一覧
  2. スカイトラベラーカード・提携航空会社

アメリカンエキスプレスカードの詳細

カードデザイン・年会費
区分 アメックス・クレジットカード
初年度年会費 10000円 +税
年会費 10000円 +税
家族カード 5000円 +税
国際ブランド アメリカンエキスプレス
(JCB加盟店でも利用可能)
カード付帯機能等
プレミアム機能

エアポートラウンジ無料サービス

無料ポーターサービス

手荷物無料宅配サービス

海外用レンタル携帯サービス

エアポート送迎サービス

特典・機能

マイルを貯める為に優れた機能

継続ボーナスポイント

メンバーシップ・トラベルサービス

アメックス各種優待サービス

カードでの購入商品の返品を保証

電子マネー機能 -
セキュリティ関連 -
付帯保険
旅行保険

国内旅行保険 最高2千万円

海外旅行保険 最高3千万円

その他補償

航空便遅延保障

ショッピング保険 最大200万円

オンラインプロテクション
(ネット上での不正利用を補償)

キャンセル・プロテクション
(カードでの購入商品の返品を補償)

カード紛失・盗難保険
(緊急再発行機能付き)

カード会社の宣伝用バナー

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカンエキスプレス・クレジットカード

カード基本スペック
利用限度額 所定の審査により
支払い方法 一括払い 分割払い ボーナス払い
リボルビング払い
(コンパニオンカードに別途申し込み)
利率
(ショッピング)
-
利率
(キャッシング)
-
ポイントサービス

アメックス・メンバーシップ・リワード

その他
審査・発行等

25歳以上で安定収入がある方。

日本国内に定住所をお持ちの方。

審査は最短10営業日。

提携加盟店

2013年現在の対象航空会社

アリタリア-イタリア航空
ヴァージン アトランティック航空
ANA
エールフランス航空
エティハド航空
オーストリア航空
カンタス航空
キャセイパシフィック航空
KLMオランダ航空
シンガポール航空
スイスインターナショナル エアラインズ
スカンジナビア航空
スターフライヤー
大韓航空
チャイナエアライン
デルタ航空
日本航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空

ETCカード

同時にETCカードが申し込み可能。

年会費525円

その他

オプションで損害保険、生命保険、旅行保障などお得で内容充実。

カード会社ホームページ

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード


申込みに当たりましてはカード会社ホームページにて、
特典や条件の確認をおすすめしております。

アメックスカードの一覧

アメックス関連の
新着情報一覧はこちらです

インターネットでの申し込みが簡単スピーディで便利です。

アメリカンエキスプレスカード・スカイトラベラー
アメックスカード

最終更新日
16/04/26

クレジットカード・キャッシング・カードローンのご利用は貸付条件を確認し、計画的にどうぞ。
クレジットカード比較ガイド。

クレジットカードの条件別比較

  • デザインが選べるカード
  • デザインが特徴のカード
  • ゴールドカード
  • 女性用、女性向けカード
  • 学生用カード
  • 年会費無料のカード
  • ETC機能内蔵カード
  • ドライバーに向けたクレジットカード
  • 小売店系クレジットカード
  • フレックス自由払い型カード
  • キャッシングが低金利のかーど
  • カードステイタスはご自身の身分証明
  • 付帯保証が充実

ポイントプログラム詳細

ポイント獲得について

ポイントプログラムは、
「アメリカンエキスプレス・スカイ・トラベラー・メンバーシップ・リワード」です。

AMEXクレジットカード利用100円につき1ポイント貯まります。

ボーナスポイントについて

事前登録1社での航空券購入では100円につき3ポイント貯まります。

入会ボーナスポイント : 3000ポイント。

継続ボーナスポイント : 現在調査中。

ファーストフライトボーナスポイント : 5000ポイント。
(カード入会後1年以内にいづれかの航空券を国内で購入)

ポイントの利用について

貯めたポイントは「マイルへの移行」、「アイテム交換」、または「ショッピング特典」と交換になります。

概ね1ポイント=1円相当の賞品に交換できます。

マイルへの移行について

14の提携マイルへ移行可能。1種類のマイルにはデルタスカイマイルを始め複数の加盟航空会社が加盟しています。

移行可能なマイルは下記になります。
JALマイレージバンク
ANAマイレージクラブ
DELTAスカイマイル

※JALへのポイント移行には年間9,000円の参加登録費が必要です。2014年1月いっぱいでJALマイレージバンクへのポイント移行は終了となります。
※ANAへのポイント移行には年間5,250円の参加登録費が必要です。

ポイント有効期限

ポイントの有効期限は無期限です。

還元率などその他

還元率は0.5%〜1.5%程度 + ボーナスポイントです。

マイルへの移行は1000ポイント=1000マイルです。

通常のアメックスカードの場合、マイルへの移行は「2000ポイント=1000マイル」またはオプション加入で「1000ポイント=1000マイル」になります。

アメックスクレジットカード発行会社情報
発行元 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
連絡先 東京都杉並区荻窪4丁目30番16号
登録番号 関東財務局長(8)第00405号
  アメックスカード
クレジットカードとカードローン比較

クレジットカード比較とキャッシングの徹底比較 各種カードのさらりと比較から徹底比較まで http://credit.okasanta.com/ <サイトマップ>

クレジットカード比較とキャッシングの徹底比較 Copyright(c) 2007 regre Co.,Ltd. All Rights Reserved. 当サイト記事の転載を禁じます。

お得なクレジットカード紹介と比較サイト。審査、金利、手数料、ポイントなどから お得なクレジットカード、キャッシングサービスの比較と情報ガイド
各種詳細情報と効果的な利用法を掲載。カードデザインもクレジットカードの大きな魅力といえます。
クレジットカードとキャッシングサービス比較ガイドは 金利・利息・即日申込み・ポイントサービス・特典や年会費など、
種類別、発行会社別や限度額別などで賢く比較できます。無料各種クレジットカード、キャッシング、カードローンの比較情報